ILL STREET VINYL / DJ BUNTA

SPCCD-023
MIXCD

大人気MIXシリーズ『Underground Railroad Vol.9』で世間にその名を知らしめ、

DJバトルの最高峰DMC JAPANにて2008年と2010年にチャンプに輝き、若いながらも

現役バトルDJでは最もDIGっている男DJ BUNTAによる最新MIXの情報がついに届いた。



本作は以前に発表し話題を呼んだMIX CD "SURVIVAL THE VINYL"にも通じ、

80年代後期から90年代初頭の『ミドル』が今回もテーマとなっている。

Back To The Hip Hopなマイナーミドルと定番ミドルで構成されていく前半は

Top Choice Cliqueのファンキーな流れからスタートしていきRAPの神Rakimの

『Back To The Lab』という声ネタつなぎでPhilly産激レアミドルのPlush Bros.Jrへと展開!

もう序盤のこの時点でミドルヘッズはニヤついてしまう。

Trk.4やTrk.6ではアップテンポでゴ リゴリなジャグリングを披露しテンションもどんどんと上がってくる!

プロモオンリーのBig Daddy KaneやChill Rob Gの鬼レアRemix等もチョイスし、

Chill Rob Gからタイトルつなぎでハードなギターとドラムが鳴り響く名前の通りKaosな流れへ!

DOPEな男汁ベースラインとFunky Drummerネタ等で作られたTrk.11ではバトルDJらしいスキルで

テンポを遅くするBreak Down系なジャグリングを"見せつけ""聞かせつけ"からの、ドラム激太祭りが待つ中盤へ。

Trk.12では『1.2.3.4.』の所で高速二枚使いを聞かせ、テン ションも更に上がってきたところでHurby's Machineや

Super Lover Cee、Kev-E-Kev等 のミドルと言えば『これ!』的な激太ドラムな楽曲達から、

Merley MarlクラシックのIt's A Demoのラストのループにかぶせて登場してくるのが

DJ BUNTA本人も今まで一度しか見た事が無いと言う

鬼レアミドルTrk.18 D.J.Scratch & G-O-D / The Party Is Jumpin!

そこからBPMとテンションが一気にマックスになる後半へ!!

数枚シングルを切っていて、そのどれもがレアなLegion Of Doomから幕開けした高速ミドルな後半は

まさにコレクターですら垂涎の内容である。一年に一回中古市場に出現するか わからないTrk.21や、

ミドルの中では『神盤』と称され、中古相場でも毎回出現する度に5万円オー バーを記録しているTrk.24とTrk.25。

ラストの締めにはクラシック中のクラシックUltramagnetic Mc's / Give The Drummer Someをチョイスし、失速しないまま

イケイケで荒々しいイナタミドルが続き、飽きる事無く最後の最後までアドレ ナリン出まくりっぱなしの、まさに"男臭い"内容だ!

¥ 1,620

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • レターパック 360

    全国一律 360円

    全国一律 360円
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。